外にでるときには紫外線を予防する

頭皮の状態をチェック

外から見えやすい部分の頭皮は、一般的には白い色で、症状によっては幼虫が必要なことがあります。

 

若くてけんこうな皮質は代謝が活発なので、紫外線で褐色になって、やがて元の白さに戻るが、皮膚の老化により分解の速度が衰えてしまし褐色の状態が続いてしまう。頭皮がこのように紫外線のダメージをうけると、毛髪に栄養が行かなくなり、脱毛が促進されるとも言われているために、やはり注意しなくてはいけない。

 

 

つまり、外出をするときはできるだけ頭皮に長時間にわたり紫外線を当てないことが大事。毛髪に栄養がいかなくなり、抜け毛の現任となります。

 

それから、頭皮がけんこうであれば、頭皮のターンオーバーの過程で、ヘアサイクルの活発化、それからフケが出ることも普通と言われています。

 

1日平均で2〜3gのフケが出るのが一般的ですが、しかし、フケが異常発生している場合は、皮膚や脂質線の働きに異変が起こっている可能性があり、これもまた太陽の紫外線が関係すると言われています。

 

なにわともあれ、外出するときには防止などをかぶり、紫外線を予防することが大事になります。