頭皮が硬い人は注意

頭皮に対して心がけること

頭皮の脂が多いほどフケが起こりやすくマラセチアが増え脂漏性皮膚炎がお降りやすいと言われています。
そのために、左右の頭皮に、人差し指から小指まで、両手の指先の頭の部分をピッタリと付け、この部分に頭皮を動かしてどれくらいのやわらかみがあるかをチェックする。

 

この時適度な弾力が感じられ、ある程度動けば、とりあえず合格で、そこまで悩むことはない。一方で、触っても、硬い部分が目立ち、つっぱりがあったら要注意で、フケが出やすいと言われています。手で拳を作って握った時に、脂関節の曲がり角を押すとすぐ下にある骨が感じられる。

 

硬い部分では、頭皮の血液の流れが遮断されてしまい、コラーゲンやエラスチンに変化が起こり、感想が怠り、逆に被質量が増えてしまいます。

 

このようなことが長期間にわたり起こることで、カユミやフケ、そして放置することで薄毛になることもわかっているために気をつけたい所。

 

ニゾラルシャンプーを使い脂漏性皮膚炎を予防することも大事ですが、普段から頭皮のマッサージをして、柔らかくすることも大事です。

 

こういったちょっとした事でも予防や対策になるために心掛けたい。